臨済宗 大徳寺派 法輪寺


佛海山といい 臨済宗博多崇福寺末

佛海山といい臨済宗博多崇福寺末。初めは真言宗で相当大きな伽藍を持っていたらしい。
応安七年、蔵海珍により中興され、これより禅宗になったといわれています。黒田家から山林2000坪の寄進があっている。文政六年、境内より五輪の塔50基が出て、次のような刻銘がみつかりました。
「逆修尼本妙三妄霧忽晴五智覚月明九界 損 致菩堤」「右逆修善根為沙覚願泰不生理悟入建此墳墓応徳元年未歳五月 日」また、石仏、経石、経筒も出ている。経筒は県指定有形文化財、現在本堂の礎石には、平盛兼と読まれる文字が刻まれています。

銅製経筒
(福岡県指定文化財)

法輪寺西の谷で昭和二年(1927年)発掘された青銅製円筒型経筒があります。高さ14.4センチ、口径約7センチ、台の部分は径約8.5センチ、それに径7.5センチの蓋があります。筒の中には軸木二本(割竹製)が残っていました。その長さ11.2センチ、太さ0.3センチ(経文の紙の部分は消滅したものと思われる)筒身に次の銘文86字が陰刻されていて、経筒供養の理由、日付、導師、勧進、施主の名もの記されています。
お寺の西側を上っていくと石塔や地蔵などがあります。また、これらの石塔の中には福井県高浜町日引から切り出された石塔もあることがわかっています。

お寺の全景から上空に上がると西側には玄界灘、南から東側には芦屋~山鹿の町並みが、また北側には「国民宿舎マリンテラスあしや」や国の指定文化財にもなっている芦屋釜の復興に取り組む施設「芦屋釜の里」も見渡せます。

法輪寺法輪寺
銅製経筒(福岡県指定文化財)

一回一誦(いっかいいちじゅ)といわれるように心身込めて一回まわせば般若心経一巻読んだ事と同じ功徳が得られるといわれています。また、災難を除き、幸運を招くともいわれています。

法輪寺法輪寺